鎌倉時代の刀鍛冶から始まり700有余年の歴史を誇る刃物の街・関市で50年以上にわたり刃物製造を続けてきました。刀身に美しい波紋が浮き出たダマスカス鋼はHattoriが開発した商品の中でも最高傑作と言われています。 究極の切れ味を求めて、その根源となるのは鋼材にありと、研究、開発を進め、日本刀の作刀技術を基に刃の成分、熱処理、分子構造に至るまで追求、関の刀匠や武生特殊鋼材と共に試行を繰り返し開発した鋼材が、ニッケルステンレスダマスカス鋼です。 その技術は「積層金属製品」の名で特許を取得しています。そのひとつHD鋼はニッケルとステンレスの各80層の皮鉄に芯材を重ね、穴をあけ鍛造すると美しい波紋が生まれる特殊な鋼材です。また、ニッケルとステンレス各30層の皮鉄にカウリX鋼を芯材とした鋼材をKD30鋼と呼び、その模様だし鍛造は、槌とたがねによる完全手作業です。社内で鍛造、焼き入れと研削の間にある「歪取り」は、ブレードの微かな歪みを1本1本確かめ、手作業で調整していく非常に高度な技術を必要とします。 ナイフ製造を始めて45年、国内外の有名ブランドのOEM生産を続けながらも、Hattoriの職人魂は刃物の本質的な機能を求め続け、たどり着いた革新的な刃物造りの技術は、常に進化しています。そこから生まれる高品質なナイフ、包丁は海外のブランドやプロの料理人からも注目され、Hattoriブランドとして高い評価を得ています。

Hattoriヒストリー

1939年 6月
 刃物の街 関市で包丁鍛冶屋の三男として生を受ける

1958年 4月
 関市立関商工高等学校機械化卒業後、父親の経営する
 大手包丁メーカー「正広鍛工(株)」に入社

1971年 3月
 独立し服部刃物製作所を設立

1979年 8月
 服部刃物株式会社を設立
 海外一流ブランドのOEMを中心に製作
 テクナのダイバーナイフ カーショウの1050
 コールドスチール ブローニング
 映画「ランボー」「ターミネーター」に登場したナイフなど
 多くを製作

1983年11月
 ニッケルとステンレスのダマスカス鋼を開発
 実用新案登録出願

1988年 3月
 実用新案登録 高級ナイフ・包丁の製作に取り組む

1993年12月
 HD-2(Hはハットリ、Dはダマスカス)と名付けた製品を
 ナイフマガジンに掲載

1994年12月
 KD30-雅(KはカウリX、Dはダマスカス)を製作

1996年 8月
 KD30-101を製作
 料理の鉄人 坂井宏行氏 陳健一氏の包丁をKD30鋼にて
 製作

1997年 8月
 KD30シリーズ総合カタログ製作
 KD30-牛刀〜ペティを製作

2006年11月
 関市 卓越技能を受賞

2007年11月
 岐阜県 卓越技能を受賞

2010年11月
 厚生労働省 卓越技能を受賞
 関市刃物工房にて講習会
 後継者育成講習会などの講師

2013年11月
 NHK「イッピン」にKD30-牛刀にて出演

2016年 3月
 創業45年を迎える




会社概要

会社名 服部刃物株式会社
代表者 代表取締役社長 服部一郎
所在地 〒501-3966 岐阜県関市居敷町18番地
TEL 0575-22-8545
FAX 0575-24-3865
MAIL hattori@hattori-hamono.com
資本金 1000万円 
設立 1971(昭46)年3月
事業内容 刃物製造販売



焼き入れ、刃の荒削りから仕上げ、口金のセッティングからハンドルの削り出しまで一貫した生産体制での刃物製作。

服部刃物ホームへ
Copyright (c) 2000-2016 Hattori-hamono Corporation. All Rights Reserved.